ゆりの木動物病院|阪急庄内駅すぐ近く|大阪府豊中市

阪急宝塚線・庄内駅3分、犬・猫・ウサギを診る動物病院です。

お目よごしですが・・・。

新名所のご紹介

池田市と聞くと、良いイメージしかない。

安藤百福が世界で初めて開発したインスタントラーメン。

街を歩くと、チキンラーメンの看板や商品を目にする。

さすが、創業の地だ。

カップヌードルミュージアムでは自分だけのインスタントラーメンだって作ることができる。

以前に息子と行って、とても有意義な時間を過ごさせてもらった。

落語にも縁深いらしく、常設ミュージアムもあるらしい。

五月山はいつだってのんびりできるし、大好きなウォンバットにも会える。

関西が誇る、偉大な小林一三の記念館だってある。

摂津池田城跡はいつ行っても綺麗に整備され、四季折々の花を楽しめる。
仕事疲れを癒すには最適な場所だ。

美味しいパン屋もケーキもある。

だから知り合いの人たちは、とても暮らしやすいと口を揃えていう。

そりゃ、そうだろな。

大阪市内のような喧騒はなく、とても落ち着いてるし、歴史風情もあるもん。

本当に住みやすいと思う。

 

そんな池田市に新たな新名所ができたと聞いて、ウキウキしてた。

それも一等地の一番町の一番いいフロアーに。
レジャー設備が整ったらしい。

健康器具が揃い、サウナも常設されているとのこと。

情報番組で紹介されていたけど、なかなかの優雅さだ。
なんでもアスリートの怪我の療養にはもってこいだとか。

おまけに公金でタダで入れて、裁量一つで宿泊し続けることも可能だとか。

さらに管理人と懇意になれば、往復のタクシーチケットも手に入るらしい。
コロナが収まったら、すぐにでも遊びに行きたいと思っていた。

でも、いつの間にか撤去されたらしい。

おまけに管理人も今後の状況しだいでは立ち退きになるとかならぬとか。
なにかパワハラみたいなことでもあったのかなぁ。
よう知らんけど。

 

2021年04月10日 20:05

令和の平和

テレビを見ていたら、とてもきれいな顔をしたコメンテーターが言った。
「だからね。日本は平和ボケしてるんです。海外ではね…」
なぜ鼻で笑う。
平和ボケのなにが悪い。
ありがたき幸せじゃないか。
 
2021年04月09日 16:07

4月8日って、なんの日?

スタッフが今日教えてくれた。
「夕方雨が降るかもしれませんよ」
「そうなの?」
「先生、ところでこの時期に降る雨をなんていうか知ってます?」
「知らない」
「甘露の雨って言うらしいです」
「カンロ飴?」
「違います。甘露の雨です。草木が成長する上での、恵みの雨ってところらしいです」
「ふう〜ん」
「で、今日はなんの日か知っていますか?」
「知らない」
「お釈迦様が生まれた日だそうです」
「ええええっ」
「ラジオで言ってました。四の倍数って覚えるそうです」
そんな縁起の良い日なのか。
驚いた私は、カレンダーに駆け寄った。
印をしとこっ。
そしたら、なんと。
仏滅だ。

ええええっ!
うそやん。
なんでお釈迦様が生まれた日が仏滅やねん。
そんなわけないだろぉっ!

家に帰ると、今年もまた受験生である息子が自慢げに言う。
「なあなあ、父さん、テイラー展開って知ってる?」
知らん。知らん。
わし、今それどころじゃないねん。
頭がパンクしてんねん。
なんでって?
今日はお釈迦さまの誕生日なのに、仏滅なんやぞ。
そんなバカなことあるかい。
「じゃ、ボイル・シャルルの法則は?」
やめろーっ!
あああああああああーっ!

こんな時、池上さんや林先生や伊沢くんがそばにいてくれたらなと思う。
なんでも聞けるのだが。
でもいないので、今日もGoogle先生。
お願い、先生。
もう離さないから。
うふふ。
ブチュー♡
2021年04月09日 09:26

へいへいのペイペイ

最近、〇〇Payなる勧誘が多い。
突然、電話がかかってくる。
「〇〇Payです。もう機材は導入してますか」
診察中だろうが、手術中だろうが、あの人たちは構わない。
遠慮なく、電話をかけてきて、「いらない」と言っても食い下がってくる。

エアPayだの、ラインPayだの、auPayだの。
乱立しすぎで、正直どれが使いやすいのかさっぱりわからん。
競争するのは仕方がないけど、私みたいなデジタルに疎い消費者にはようわからんくなってきた。

PayPayにひいひいだ。
わしなんてもうへいへいのぴいぴい。
もしかしてあのゴキブリのHoyHoyも実はPay系?
わからんから、そんなパンフレットはゴミ箱にPoyPoy。
困ったもんで、夜はブイブイ。
では、お後よろしく、もうBye Bye。
2021年04月09日 08:29

ブルースは加速していく

テレビを見ていたら、ミャンマー・ヤンゴンの通りが映し出されていた。

眼を見張る。
ひどい惨状だ。

 

警察が市民を銃柄で殴っている。

国軍がデモ隊に発砲している。

逃げ惑う人が倒れた。
顔を真っ赤に染め、ベッドでうめく人がいる。

亡くなった子供を抱きしめて、咆哮している人がいた。

路上で、血だらけの、死にかけた人を仲間が必死で引きずっていた。

その背中に向けて、軍や警察が発砲している。


日々、死者数が増加しているそうだ。
 

無辜の人間になぜ銃口を向ける。

小さな子供をなぜ殺す。

あなたたちが銃口を向けるべき先は、国民ではない。

間違った方向へとあなたたちを導いている、そんなあなたたちのトップに対してだ。

 

心が痛まないのか。

自分の行いに良心が震えないのか。

もう間に合わないほど、麻痺しているのか。


あの歌みたいだ。

間違った方向へと、ブルースは加速している。

なにもできないでいる。
だから、あの人みたいに祈ってみる。

 

2021年04月09日 08:27

あなたのために祈る人

不思議な印象だった。
広島の、一夫婦が行った選挙違反の記事を読んで。

夫は嘘を重ね続け、裁判では買収の事実をなかなか認めなかった。

なのに、一転。

先日、これ以上争わないことを認め、かつ議員辞職をした。

少なからず驚く。

コメントがとりわけ心に残ったからか。

「最終的に神の前で誠実であることが‥‥」

夫は、長年付き合いのあるカトリック神父に導かれ、事実を認めるに至ったという。

彼を指導したその神父は、電話で、毎日、その夫婦のために祈っていたことを告げたらしい。

同じ党に所属した、同じ議員の立場でも、こちらはずいぶん趣が異なる。

カジノを含むIR汚職で逮捕された男だ。

検察側と全面対決。

収賄を否認し、今後も企業側から現金は受け取っていない、と無罪を主張し続けるらしい。

真実は知らない。

でも、なぜか受け止める側としての印象が異なる。

両者の違いを考える。

そそのかす者はいても、祈ってくれる人がいた。
そそのかす者はいても、祈ってくれる人はいなかった。

救いがいのある人間と救いようのない人間…。
祈りとは、遠くで受け止める側に、これほどまで違う印象を与えるものらしい。

私には未だ信仰するものがない。
なのに、なぜに余韻が胸に残る。
その存在のありがたさゆえ。
強く、深く、重く。

 

2021年04月08日 20:58

いでよ、ロビフッド!

先日、ロビンフッドなる金融アプリの話題を目にした。

アプリを利用し、小さな個人投資家たちが、呆れたほどの巨万の富を、わずか数秒で稼ぐ投資会社に対して揺さぶりをかけた。

そして、見事なまでに翻弄した。

海外で、大いに話題になったようだ。

なるほど、「ロビンフッド」か。

あの伝説の義賊らしいや。

裕福な者たちからお金を巻き上げ、その金を貧しいものたちに分配する。

緑の衣装に羽帽子。

そういえば昔、読んだことあるな。

正直、あまり覚えてないけど…。

どうやらアプリはアメリカの格差社会がもたらした産物らしい。

あっちでは、高利な教育ローンを背負わされた若者たちを中心に、不公平な経済格差が広がっているとのこと。

なぜ、お前ら金融機関だけが良い目を見る?

小さなロビンフッドたちはネットで情報交換し、団結行動に躍り出た。

そして巨大な利益を独り占めする投資会社にギャフンと一泡吹かせた。

 

そうかそうか。

なるほどね。

「全ての人々に金融を民主化する」

そんな意図で開発されたアプリが今回の「ロビンフッド」ということらしい。

うまいこと、不満の吐け口として活用されたようだ。

もちろんいいことばかりではなく、記事によれば、実際には素人が陥りやすい投資の危険性やいざこざもあるらしい。

が、一時的にせよ、なんだか胸がスカッとするような、そんな晴れやかさを感じもした。


だって。

これだけ貧富差の広がる中、一部の人間たちだけが天文学的な利益を貪っている。

そんな信じ難い現実が、この国でも実際に起きているのだ。

片隅では生理用品も買えない人がいたりするというのに。

配布される食料を前に、列に並び続ける人がいるというのに。

 

きっと、だからか。

ニュースを見た時、あの左利きのホームランバッターが、豪快に打球をレフトスタンドに打ち込んだような、そんな爽快感を覚えた。

快音を響かせ、打球が透き通った青空にぐんぐん吸い込まれていく。

そんな清涼感やら、なんとも言えな気持ちよさみたいなものが。

でも、そんな風に感じるのはそれだけが理由?

 

いやいや。

コロナという目に見えないウイルスに、日常が不格好に裁断され、溜まりに溜まった鬱憤がこの胸に酸いた胃液のように込み上げているからだろうか。

 

いや、いや。

これも違う。

自粛やらまん防やら、日常はいまだ制限されてはいるけれど、個人的にはそれほど鬱憤は抱えていない。

だって、辛い思いを抱えている人には申し訳ないが、オレ、外食ができない、旅行にいけないなんて、そんなもんいくらでも我慢できるもん。

 

それよりも頭にくるのは、日々、テレビや新聞などで目にする、不愉快な出来事の方だ。

連日、政治家たちの体たらくぶりがこの目に飛び込んでくる。

まるで悪代官の不祥事だ。

ほんま、なんたることやねん。

お前ら、全員、越後屋ちゃうか。

 

森友、桜における改ざんや隠ペイ。

IR汚職がバレたと思ったら、今度は歴代農相たちか。

収賄入りの菓子箱を前に、ニヤニヤとほくそ笑んでいやがる。

おまけに大企業はせっせと官僚中枢へ接待で。

その間も、代官たちは高級ラウンジへとお通いだ。

元法相は、妻のために大規模な選挙違反に手を出して。

さらには、新旧歴代の首相たちが、立派なはずの大臣たちが、こぞって失言を連発する。

 

大事な資料はいまだ不開示。

ファイルはいずこへ消えたのだ。

人が亡くなったというのに。

 

にもかかわらず。

すべてがいつもどこ吹く風。

難解な言葉で口を濁し、のらりくらりとごまかして、そしていつもの手口。

責任の所在など、ごっそりそのまま、公設秘書へとまる投げ。

検察は顔色を伺いながら、形や表面だけを取り繕い、有効な手立てなどまるで出さない。

おまけに、あれ?

汚染処理水って?

まさか本気で海へ放出するつもり?

えっ。
解決してないのに、政官財こぞって原発復権を大合唱してんの。

 

なんでだよ。

なんで政治を夜に動くすんだ。

 

密室で決められる秘め事など、国益や国民のためにされているわけねぇよな。

自分たちの権力争いや、既得権益の維持のためだろ。

そのために、あんたら夜な夜な会食しているんだろ。

 

おまけにそんな飲み食い代も、官房機密費で出てるってほんと?

そなアホな。

誰が国に預けたお金やねん。

 

国民はバカだからええやん?

そうそう。

一人当たり10万でも配っておけば、あいつら犬みたいにシッポ振って喜ぶんだってさ。

 

ふん。

ふざけやがって。

いい加減にしてくれ。

 

いいか。

あんたらに、とびっきりの仕返ししたるわ。

いま流行りの歌で、どぎつい文句言ったる。

♪ひっでえ、ひっでえ、ひっでぇなっ♪ってな。

ああ。

悲しいことに、どうやら私にできるのはこの程度の反逆らしい。


あぁ、そっか。

だから、そういうことなのか。

それで、あっちではロビンフッドのお出ましなのか。

今の日本にも、そんな存在が出て来てくれたらいいのだが…。

 

いやいや。

おるおる。

昔おったわ。

日本版のロビンフッドが。

あの伝説の義賊がよ。

 

さあさ。

お呼びだぜ。

ねずみ小僧さんよ。

今こそ、うちらにも、あんたみたいな存在が必要だ。

出番だぜ。

起きてきな。

休んでねぇと、もうそろそろ現れてもいいタイミングじゃねぇの。

 

おいら、知ってんだ。

あんた、単なるこそ泥じゃねぇんだろ。

 

さあさ。

起きてきなよ。

何百年もの長い眠りから、おねむな目々を覚ましてさ、あのロビンフッドのように颯爽と俺たちの前に現れてくれねぇもんかい。

 

なあな。

頼むから出てきておくれよ。

恥ずかしければ、アプリの装いでいいさ。

トレードマークの黒布巾をさ。

頭からすっぽり被ってさ。

そんでもって、鼻先できちっと両端を括ってな。

あんときの馴染みの格好でいいからよ。

 

そんでよ。

夜闇に、すり足、さし足、しのび足で近づいてな。

永田町で、今もふかふかソファにふんぞりかえっている、あの大勢の悪代官たちに向かって、ちぃとばかりでもいいから、一泡ふかせておくんな。

 

与野党なんてケチな区別いらねえ。

どの党にも困った奴らはいるもんだ。

そんな呆れたような奴らにギャフンと言わしておくんなよ。

 

俺たち、SNSでいくらでも力を貸すぜ。

だって今も理不尽な目に合わされている人たちがこの世にはたくさんいるんだ。

 

あっちみたいに、投資なんてせせこましいレベルに囚われずさ。

国籍や立場に関係なくさ。

地域や年齢にも関係なくさ。

全ての日本にいる人たちに。

貧困や、偏見や、差別のない真の民主化をもたらしてくれよ。

 

ついでにさ。

世界のあちこちで、同じようにのさばっている悪代官たちに、今のこのときも、とんでもない目にあっているミャンマーやシリアのような国の人々にもさ。

真の民主化という平和をもたらせてくれたら、俺たち、本当に最高だよ。

 

そうそう。

日本じゃさ。

もうすぐ始まるらしいぜ。

奴らの一番怯える選挙がさ。

あのスピーカーで、ただひたすら名前を連呼するだけの狂騒が。

思い出すだけで、煩わしくて仕方ねぇな。
あれ、うざくてたまんねぇんだよ。
ガラスの10代でなくたって、心も脳みそもやられちまう。
ほんと、♪うっせえ、うっせえ、うっせえな♪だ。
 

な、だろ。
早くしねえと、奴ら、また自分たちだけ私腹を肥やしやがるぜ。

あいつ、失言しても、またいつものように平然と居直りやがるぜ。

 

だから、頼むよ。

早くしておくれよ

出て来ておくれよ。

誰か、そんな義賊アプリ、開発しておくんな。

ほんとに早くしねぇと間に合わねぇぜ。

できた暁にはよ。

おいら、たった一人だろうとスタンディングオベーションで出迎えるぜ。

よっ、待ってました!

っとばかりにさ。

2021年04月08日 20:55

さあ、今年も新たなる希望の名称変更へ、いざ!

おかげさまで、先日無事、四年目を迎えることができました。
振り返れば、様々なことがありました。
とりわけ昨年はかつてない災禍に見舞われました。
コロナに始まり、コロナに苛まれ…そういえば、ずっとコロナという言葉に振り回されて今もまだ……。
皆様も、いろいろな思いを抱いた一年だったのではないでしょうか。
さらには五輪開催も、ややこしそうな流れで。
足元をみても、周りを見ても…どこもかしこも陰鬱とした影が差し込んで見えるような。
ですが、そんな暗い日々の中でも、今年になって、わずかながらの希望と光が差し込んできたのも事実です。
とりわけスポーツの世界。
オオサカなおみさんは試合中、その肩に舞い降りた蝶のごとく、いまや大空に羽ばたきつつある。
ハチムラルイくんは、日本人ではいまだかつてない、とんでもない輝きをアメリカで放ちつつある。
大谷翔平くんも、今年は二刀流ですごそうだぞ。
いけいけ、南野拓実っ! もっともっとイギリスで輝いてくれぇ!
そして忘れてはいけないのが、なにをもいわんがな、あの方ですよ。
あのお方♡
われら阪神タイガーズに入団した大型新人の佐藤輝明選手。
オープン戦ではなんと6本のホームランを量産するなど、その大物ぶりをいかんなく発揮してくれています。
もうこうなったら期待しかありません。
今年の新人王はもはや彼に決定ではないでしょうか。
なんならホームラン王もあげちゃってください。
ついでに打点王もつけちゃって。
よっ。
もう決定しちゃいましょう。
東スポさん、明日、一面で決めちゃってください。
もう~ぅ。
夢のようでしょ。
すてきすぎでしょ。
ならば…。
ということで当院も、そんな彼らの縁起良さにあやかるべく、四年目を迎えたいま、思い切って、名称変更をすることにしました。
大丈夫です。
安心してください。
今年もちゃんとしましたよ。
名称変更にあたり、昨年のごとくスタッフと納得のいくまで議論を交わしました。
私   「今年こそ、わが動物病院の名称変更をしようと思う」
温暖  「やめといた方が…」
ツンドラ「まっ、一応念のために聞いたるわ。なににすんの?」
私   「佐藤輝明記念動物病院」
ツンドラ「やめなさい」
温暖  「あかんて」
私   「なんでぇ。縁起良さそうやろ」
ツンドラ「あかん。あかん。ほんまあかんて」
温暖  「……」
私   「でも、少しでも縁起のいい方が…」
ツンドラ「縁起とかじゃなくて、あんた、それ、パクリやねん」
私   「パクリだろうがなんだろうが縁起よければええねん。ホームラン連発やぞ」
ツンドラ「そういうことちゃうねん」
私   「なんでや。佐藤くんがあかんのか。じゃぁ、藤浪晋太郎開幕記念動物病院にしよう」
ツンドラ「だめやて」
私   「なんで。もしかして漢字ばっかであかんのか。ほんなら、バース掛布岡田アニバーサリーアニマルホスピタルでどうや」
ツンドラ「アホ。そういうことちゃうねん。真面目にやり」
私   「わしは、いつだって本気やぞぉ」
温暖  「あのぉ。私、…もう辞めてもいいですかぁ?」
私   「ええ~っ!」
ツンドラ「ははは。あんた、動揺してんの。そんなんやったら、私も一緒にやめちゃおうかっなぁ~」
私   「ええええ~っ! あかん。あかんて。あんたらあってのゆりの木やで。それだけはやめてぇ~」
ということで大事なスタッフに辞められるのは心底つらいので、今年も現状維持のゆりの木動物病院のまま、大事な大事な、本当に素敵なスタッフとともに頑張りたいと思います。
スタッフ一同、誠意をこめて頑張りますので、皆様方、何卒、今まで以上のご愛顧をお願いいたします。
以上、例年とおりの鉄板ネタでした。





 
2021年03月21日 16:01

おらさ、大阪さいるだ(替え歌バージョン)

作詞 ユリノキコタロウ 作曲 吉幾三大先生

あ~嗅覚ねえ、味覚もねえ
熱が高けりゃ 咳もでる
店に出て 仕事すりゃ
客にうつって叩かれる

おら こんなのはいやだぁ~
こんなのはいやだぁ~
おらさ、田舎へいくだぁ~
けんど田舎へいったら怒られる
やっぱ大阪さいるだぁ~

あ~首になり 金はねぇ
仕事を探すも 求人ねぇ
パチンコで うさ晴らしゃ
コロナにかかって 入院だ

おら、こんなのはいやだぁ~
こんなのはいやだぁ~
おらさ、地方へいくだぁ~ 
けんど地方へ行ったら いやがらせ
やっぱ大阪さいるだぁ~

ああ、コロナのねぇ あの頃の
世の中が~ なつかしい
マスクのねぇ あの頃が
い~まとなっては なつかしい
(以後 適当に繰り返し)

はあ~。
早くワクチン打ってほしいものです。
堂々と何も怖がらずに仕事できるもん。
おまけに春なんだも~ん。
思い切り、外に出て解放されたいも~ん。
だけどね。
もうひと踏ん張り。
たぶん、もう少しだけ。
だから、みなさん頑張りましょう!
自暴自棄に陥らないように。
2021年03月06日 18:43

阪急電車アナザーストーリー

「ちょっと聞いてくださいよ」
朝、病院に来るなり、ツンドラさんがおかしそうに話しかけてくる。
「どうしたの?」
「昨日の帰りの電車で、受験生と乗り合わせたんですよ」
「それがどうしたん?」
「その女子中学生たちの会話がもうおかしくておかしくて…」
ツンドラさんによれば、どうやらそれは私立高校の受験帰りらしい。
女の子三人組の会話のようだ。
まとめるとこんな具合。
A「なあなあ、試験どうやった?」
B「難しかった…」
C「私も…」
A「そうなん。私はまあまあできた気がする」
C「ええ~。いいなあ」
B「なあなあ。ところであの社会の答えってなに?北欧のやつ」
C「あれ、リアス式海岸でしょ」
A「ええ、違うよ」
B「そうやよなぁ。あれ、フィヨルドやよなぁ」
C「ああ、フィヨルドか。そういや、習ったなぁ。私、間違えちゃった」
A「えっ。ほんまに。ほんまにフィヨルドなん…」
B「そうやで。フィヨルドや」
A「えっ、ほんまにほんま?」
B「そうやで。リアス式海岸ちゃうよ」
A「えっ、私、リアス式なんて書かへん。ちがうの書いた…」
B「何て書いたん?」
A「マリフ×ナ」
B・C「えっ…」
A「私、自信もって書いたんたんだけど。そっか…違うんだぁ」
B・C「・・・」
A「ちょっと、あんたら、なんで、そんな顔して私を見んの」
B「いや、だって…」
A「だってってなに?」
C「だから…あんた、それ‥‥絶対書いちゃあかんやつやで」
A「えっ、書いちゃあかんやつ? なにそれ。じゃ、マ×ファナって一体なんなん?」
B・C「だから、ぜったい書いちゃあかんやつ。使ってもあかんやつ」
A「えっ、使っちゃあかんやつ? ちょっと待って。なによ、それ。教えてよ」
B・C「だから‥‥使ってあかんやつやて。こんなとこで言えへん」
A「ちょっと待ってよ。なんでマリ◇ァナって言っちゃあかんの?」
B・C「もうっ。○○ちゃん、大声ださんといて」
A「なんで、なんで。ちょっと二人とも教えてよ。マリファ☆って一体なんなん?」
B「だからこんなとこで大声ださんといて。絶対それ、大声で言っちゃあかんやつなんやからっ!」
C「そうやで。誘われても興味本位で買っちゃあかんって学校で習ったやん」
A「えっ、なにそれ。言っても書いても使っても買ってもあかんやつってなに? 私、なにやらかしたん?」
Aさんはますます混乱し、「なんで?なんで?」と騒ぎだし、BさんもCさんも大慌てだったらしい。
聞きながら、ツンドラを含め、乗り合わせた人たちも俯いて、必死で笑いをこらえていたようだ。
そんな、視線をそらしている乗客の反応がことさらおかしくて、ツンドラはほんまどうしようか困ったとのこと。

そりゃ、そうやろな。
こんなおもろいことあるかい。
乗り合わせたあんたらだけやないで。
きっと採点者も赤ペン片手に、おもろうておもろうて笑い転げてたやろな。
採点後のビール、格別にうまかったやろう。
ワシやったら、ぜったい花丸やるな。
ああ、羨ましい。
わしも一緒に乗り合わせたかったな。
こうやって人は誤りを学んでいくのだと思うと、ほんまおかしくてたまらんな。
ほんま使わなければええんやで。知らんで口に出すくらいは罪やあらへん。
ほんま阪急電車はええで。
いつ乗っても、なんかええからな。
 

2021年02月23日 14:31

ゆりの木動物病院

06-6335-5387

診療時間
月・火・木・金
AM 9:30~12:30
PM 15:00~19:00
AM 9:30~12:30
AM 9:30~12:30
PM 14:00~17:00
休診日
水午後・日・祝日

病院のご案内はこちら

サブメニュー

モバイルサイト

ゆりの木動物病院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

北摂夜間救急動物病院
電話 072-730-2199
箕面市船場東2-3-55
大阪動物夜間急病センター
電話 06-4259-1212
大阪市東成区中道3-8-11